デリケートゾーンの痒み悩み | 【人気NO1】デリケートゾーンの臭い・黒ずみ・かゆみの原因対策ケア石鹸ランキング

悩める女子の強い味方!独自検証でケア商品No.1を決定!

商品比較
臭い悩み
黒ずみ悩み
かゆみ悩み
カンジダ悩み

デリケートゾーンのかゆみ原因&対策!

♠かゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみの主な原因は蒸れによるものです。生理のときにつかうナプキンはデリケートゾーンに密閉状態を作ります。それによって蒸れが起こり、その蒸れで、かぶれやかゆみが起きてしまうのです。最近では、おりもの用シートを使う女性が増えています。そのため、おりもの用シートで生理のとき以外にも蒸れてしまい、かぶれやかゆみが起きやすくなってしまいます。このように、女性のデリケートゾーンは、常に蒸れやかぶれ、かゆみが発生しやすくなっていると言っても過言では無いでしょう。生理のときは、外陰部が経血によってふやけます。外陰部の肌はとても繊細にできているために、ナプキンによる蒸れが加わることで、かぶれやかゆみが比較的簡単に起こってしまいます。経血によって湿気がある状態が続くと雑菌が増えてしまい、それもかぶれやかゆみの原因になります。ときには、ナプキンそのものの刺激で皮膚炎を起こすこともあり、その皮膚炎もかゆみやかぶれの原因になってしまうのです。
蒸れやかぶれ以外の原因では、感染症を考える必要があります。女性の膣にいる菌にカンジダという菌がありますが、膣内の菌のバランスが崩れることで、カンジダ菌が増えすぎてしまうことがあります。そうなると膣カンジダになってしまいますが、膣カンジダになると、激しい外陰部のかゆみが起こります。デリケートゾーンのかゆみは、人に相談しにくいものです。そのため、かゆみに悩んでいながら、我慢し続ける女性がたくさんいます。かゆみの原因を知り、取り除くことで症状は快方に向かっていきます。蒸れたりかぶれたりしないようにする対処法はたくさんありますし、感染症であれば、婦人科などを受診すれば良いでしょう。症状を悪くさせる前に対策することができれば、快適な毎日を送れるようになります。

♠かゆみの対策

デリケートゾーンのかゆみは、不快なものです。場所が場所だけに、人にも相談しにくく、悩んでかゆみを我慢することで、症状が悪化することもある為適切な対策が必要不可欠です。デリケートゾーンのかゆみの原因が蒸れやかぶれによる場合は、蒸れを防ぐことで症状が大きく軽くなります。生理のときは、肌に密着したナプキンが蒸れの原因になる為、こまめにナプキンを取り替えましょう。締めつけもよくない為、サニタリーショーツやストッキング、ジーンズなどで長時間締めつけないように心がけましょう。出血がほとんどない状態ならば、寝ているときはナプキンを外すことも検討してみましょう。外してもよさそうなら、サニタリーショーツも外して、デリケートゾーンを締め付けから解放してみてください。デリケートゾーンは、清潔にすることを心がけることが大切です。清潔にしようとするあまり膣の中を洗浄する人がいますが、膣には自浄作用がありますから、中の洗浄は必要ありません。おりものが多かったり、生理のときは、無理でなければトイレのビデを使って軽く流すと良いでしょう。汗などを拭き取ることも、一定の効果があります。デリケートゾーンにかゆみを感じても、掻いてはいけません。掻くことで、症状が悪化してしまいます。大切なのは、通気性の良い清潔な下着を使用して、蒸れを防ぐことです。洗濯洗剤の刺激がかぶれの原因になることもあります。丁寧にすすぎをして、下着に洗剤が残らないようにしてください。

カンジダ菌の増殖による膣カンジダがデリケートゾーンのかゆみの原因である場合は、婦人科や産婦人科を受診してください。量が増えるなど、おりものに変化があったり、激しいかゆみや痛みを感じる場合は、早く受診することが大切です。膣カンジダ以外の感染症にかかっている場合もありますから、悩む前にまず受診をしてください。

ラヴージュ

天然のチカラにこだわり、洗浄・保湿の2段階アプローチで今までにない高い実感力を実現。

ジャムウハーバルソープ

インドネシア生まれの天然石鹸 10年以上支持される ロングセラー商品。

愛肌ソープ

臭い、乾燥、黒ずみなどのデリケートゾーンのお悩み解消に対応した石鹸。

東京ラブソープ

新しく配合された成分でお肌にハリとツヤを与えながらデリケートゾーンのお悩みを優しくケア♪

インティマ

においの原因皮脂、タンパク汚れを落とす。そして肌本来のバリアをそこなわないから長く使える。

フェミニーナ軟膏

デリケートゾーンのかゆみ対策に定評のあるクリーム。低刺激ですぐに痒みを抑える♪

la boujeオフィシャルサイト