女性につきものカンジダの悩み | 【人気NO1】デリケートゾーンの臭い・黒ずみ・かゆみの原因対策ケア石鹸ランキング

悩める女子の強い味方!独自検証でケア商品No.1を決定!

商品比較
臭い悩み
黒ずみ悩み
かゆみ悩み
カンジダ悩み

カンジダ原因&対策!

♠カンジダの原因

女性がかかる感染症には、さまざまなものがあります。その中でよく耳にするものが、膣カンジダです。カンジダは、真菌というカビの仲間です。人間の体にもともと存在している菌の中の1つで、膣の中にも常在しています。そのカンジダ菌が、さまざまな原因で、膣の中で増えすぎると膣カンジダになってしまいます。膣の中のカンジダ菌のバランスが崩れる原因は日頃気づきにくいものばかりです。疲れがたまっていたり、睡眠が足りていないというような簡単な理由でも、カンジダ菌が増えてしまう原因になります。糖尿病になったり、妊娠をすることで、免疫力が下がって菌が増えてしまうこともありますし、病気や怪我の治療のために抗生物質やステロイドなどの薬を使うことで、菌のバランスが崩れて膣カンジダを発症することもあります。体の疲れや投薬、免疫の低下以外にも、膣カンジダを発症させる原因はあります。体のラインを美しく見せるためにガードルなどの矯正下着を利用する女性が多いですが、このような下着で体を締めつけたり、陰部が蒸れたりすることで、膣の中の菌のバランスが崩れて膣カンジダになることがあります。ナプキンやおりものシートをこまめに取り替えなかったことで、菌が増える原因を作ってしまうこともあります。カンジダ菌を持つパートナーとの性行為も発症の原因になりますが、カンジダはもともと膣の中にいる菌ですから、ちょっとしたことで、女性は誰でも膣カンジダになってしまう可能性があることを覚えておきましょう。膣カンジダになると、外陰部に激しいかゆみが起こります。酒かすのような白いおりものも症状のひとつです。かゆみ以外にも、外陰部が炎症を起こして赤くなり、痛みや熱を感じることもあります。発症、再発しやすいのが膣カンジダという病気です。おりものが増える、外陰部にかゆみが起こる、痛みや熱を感じるといった症状があるときは、すぐに婦人科や産婦人科を受診して治療を始めてください。

♠カンジダ対策

膣の中の菌のバランスが崩れてカンジダ菌が増えてしまうと、膣カンジダになってしまいます。膣の中のバランスはちょっとしたことで崩れてしまう為、膣カンジダは女性の身近な病気の1つだと言えます。膣カンジダになると、外陰部のひどいかゆみがおこります。おりものも増えて、酒かすのようになり、白く濁ります。痛みを感じることもあるため、このような症状がでたときは、我慢せずにすぐに婦人科か産婦人科を受診しましょう。外陰部にかゆみがでたり、おりものの様子が変わってしまう病気は、膣カンジダ以外にもあるので、検査によって病気の特定を行いましょう。膣カンジダと診断されたときは、治療の際に薬として、抗真菌薬の膣剤や塗り薬などが使われることが多くなります。膣カンジダになってしまったときは、症状が悪くならないようにすることが必要になります。高い温度と湿度をカンジダ菌は好むので、乾いた状態にしておくことで、菌が増えることを防ぐことができます。下着などが濡れているときは、乾いた衣服に着替えることが大切になります。泳いだあとの水着なども同じで、なるべく早く着替えましょう。蒸れることもよくありません。ですので、日頃から通気性の良い下着を使用して、ナプキンやおりもの用シートを使っているときは、こまめに取り替えることを心がけてください。外陰部を掻くと、状態が悪くなります。かゆくても掻かないことが大切です。お風呂に入ったときは、外陰部は軽くお湯で洗ってください。刺激が強いせっけんで洗うことは避けたほうがよいでしょう。また、お風呂のあとは、陰部をきちんと乾かしてください。タオルは清潔なものを使うことが大切です。自分専用のものを使いましょう。日常生活でちょっとした気配りをすることが、症状の悪化や再発を防ぐことに繋がります。

ラヴージュ

天然のチカラにこだわり、洗浄・保湿の2段階アプローチで今までにない高い実感力を実現。

ジャムウハーバルソープ

インドネシア生まれの天然石鹸 10年以上支持される ロングセラー商品。

愛肌ソープ

臭い、乾燥、黒ずみなどのデリケートゾーンのお悩み解消に対応した石鹸。

東京ラブソープ

新しく配合された成分でお肌にハリとツヤを与えながらデリケートゾーンのお悩みを優しくケア♪

インティマ

においの原因皮脂、タンパク汚れを落とす。そして肌本来のバリアをそこなわないから長く使える。

フェミニーナ軟膏

デリケートゾーンのかゆみ対策に定評のあるクリーム。低刺激ですぐに痒みを抑える♪

la boujeオフィシャルサイト